出会いから結婚までをつなぐ
恋活・婚活情報比較メディア

キーワードからさがす

home>ユーブライド>ユーブライド応用編>ユーブライドは違反報告ができる!通報の仕方や通報された人の表示を解説

ユーブライドは違反報告ができる!通報の仕方や通報された人の表示を解説

  /   416views

ユーブライドには迷惑ユーザーを通報できる「違反報告」システムがあります。

この記事では、違反報告をする基準や、通報の仕方について解説します。

ユーブライドで違反者報告による通報をする基準は?

ユーブライドでは24時間365日、専門のスタッフがサイト内を監視していますが、監視の目をかいくぐって、違反や迷惑行為をする人もゼロではありません。

そこで便利なのが、違反者を通報できる「違反者報告」機能です。

ユーブライドを利用中に、以下の行為を行うユーザーと出会った場合には、迷わず違反者報告で通報を行いましょう。

  • サイト趣旨に反するもの・社会規範・公序良俗に反するもの
  • 他人の迷惑となる行為・マルチ商法・ネットワークビジネス
  • アフェリエイト等、ビジネスへの勧誘
  • 利用規約で禁止されている行為

ユーブライドで禁止されている行為とは?

違反者報告で通報をする基準の1つである「利用規約で禁止されている行為」は、具体的に、以下のような行為を指します。

  • 既婚者や18歳未満の登録
  • 虚偽情報の登録やなりすまし行為
  • 誹謗中傷など不快感や精神的損害を与える行為
  • 性的な画像・動画を送りつける行為
  • その他運営が不適切と判断した行為

上記の禁止行為をしている悪質ユーザーを見つけた場合には、違反者報告での通報を行ってください。

また、禁止行為は「その他運営が不適切と判断した行為」も含まれており、広く定義されています。

悪質と感じられるユーザーに出会った場合には、まずは違反者報告で通報を行ってみるとよいでしょう。

また、ユーブライドは24時間体制での監視・サポートなど、安全への取り組みに力を入れているマッチングアプリですが、業者やさくらなどといった要注意人物が紛れ込んでいる可能性がゼロとは言い切れません。もし、業者やさくらのような人に遭遇したときには、ブロックと違反者報告をするようにしましょう。下記の記事で、業者やさくらの見分け方を詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

業者やさくらを見分ける方法についてはこちら

ユーブライドに業者やさくらはいる?要注意人物を見分けて安全に使う方法

ユーブライドにおける違反者報告での通報の仕方

ユーブライドで違反報告での通報をするべき人がいる場合は、「違反報告ボタン」から通報できます。

違反者報告ボタンは、以下の場所に存在します。

PCブラウザ版ユーブライドの違反者報告通報ボタン

PCブラウザ版ユーブライドの場合、相手プロフィールの右下に違反者報告ボタンの表示があります。

スマホアプリ版ユーブライドの違反者報告通報ボタン スマホアプリ版ユーブライドは、相手プロフィール右上の「・・・」を押して表示されるメニューに表示

違反者報告ボタンを押すと違反者報告フォームに移動するので、必要な情報を記載して送信すれば通報完了です。

また、違反者報告フォームにある違反内容のプルダウンでは、以下の項目が選択できます。

  • 既婚表記
  • 金銭のやり取り
  • 未成年記載
  • 虚偽記載
  • 性表現、目的
  • 誹謗中傷
  • 他サイトへの誘導
  • その他

上記に該当しない行為で、違反行為かどうか迷った場合には「お問い合わせ」ページから運営に相談してみるのも1つの手です。

ユーブライドで違反者報告で通報するか迷った際の問い合わせフォーム画面

通報時の注意点

違反と判断できない、十分な証拠がないという場合は、ユーブライド側での対応が難しいこともあるため注意が必要です。

例えば、ユーブライドでマッチングした人と電話番号を交換し、電話で何か違反行為をされた場合などは、運営が証拠となるやりとりを追いかけられません。

安心安全にやりとりをするためにも、信頼関係が築けるまでは、ユーブライドを通じてやりとりをするのがおすすめです。

また、相手にマッチングや交際をお断りされたからといって、感情的になって虚偽報告や報復報告すると、通報した側が悪質利用と判断されてしまいます。

違反行為には当てはまらないものの、もう関わりを絶ちたい相手と出会った場合には、違反報告ではなく「ブロック」の機能を使うようにしてください。

ユーブライドでブロック機能を設定する方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。

ブロック機能を設定する方法についてはこちら

ユーブライドのブロック機能とは?ごめんなさいとの違いや使い方を解説

ユーブライドで違反者報告による通報があった場合の措置

ユーブライドで違反者報告による通報をされた人は、違反内容に応じて以下の措置が実施されます。

  • 警告:ユーブライドから警告をされる
  • 利用停止:一時的にアカウントの利用が停止される
  • 強制退会:退会処分となりアカウントが削除される

違反者に対して、違反内容や違反の判断基準等が通知されることはありません。

もちろん、通報者が誰なのかが知らされることもないため、通報したことがバレて嫌がらせを受けるのではないか……などといった心配はしなくても大丈夫です。

ただし、通報者に対しても対応の進捗・結果などの報告はされないので、通報によっていつ・どのような措置がされたのかを知ることは難しいです。

ユーブライドで違反者報告による通報がされると「利用停止中」になる?

ユーブライド利用者の中では、違反者と思われるユーザーのプロフィールに「利用停止中」と表示されていたといった話が出回っています。

しかし、ユーブライド公式が違反者のプロフィールには利用停止中と表示することを明言しているわけではありません。

やりとりしていた相手が「利用停止中」となっていたからといって、必ずしも悪意のある違反者とは言い切れないでしょう。

ユーブライドで禁止行為を見つけたら違反者報告で通報をしよう

ユーブライドでは、運営による監視の他に、ユーザー側から違反者の通報が可能な「違反者報告」機能を設けています。

違反者報告は、禁止行為を行う迷惑ユーザーを排除し、真剣に婚活をしているユーザーを守るための機能です。

通報をすることで、該当の違反者から自分の身を守るだけではなく、ユーブライドの安全性を高めて、その後も安心安全に婚活をしていけることにもつながります。

違反者に通報者の名前が表示されるようなことはないので、ユーブライドで迷惑ユーザーを見つけた場合には通報をするようにしましょう。

この記事を監修した人
トイアンナ

トイアンナ

慶應義塾大学卒。P&Gジャパン、LVMHグループでマーケティングを担当。独立後は主にキャリアや恋愛について執筆しつつマーケターとしても活動。書籍『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』や『確実内定』など。 ブログ「トイアンナのぐだぐだTwitter
慶應義塾大学卒。P&Gジャパン、LVMHグループでマーケティングを担当。独立後は主にキャリアや恋愛について執筆しつつマーケターとしても活動。書籍『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』や『確実内定』など。 ブログ「トイアンナのぐだぐだTwitter
 
この記事を
ブックマーク
TO

この記事をシェア

記事一覧

ユーブライドの記事をもっと見る
home>ユーブライド>ユーブライド応用編>ユーブライドは違反報告ができる!通報の仕方や通報された人の表示を解説