出会いから結婚までをつなぐ
恋活・婚活情報比較メディア

キーワードからさがす

home>ユーブライド>ユーブライド基礎編>ユーブライドで年齢認証と本人確認をする手順!必要な身分証明書は?

ユーブライドで年齢認証と本人確認をする手順!必要な身分証明書は?

  /   369views

ユーブライドでは、年齢認証を行わなければマッチングしてもメッセージのやり取りはできません。
また、ユーブライドでは任意で本人確認を行える機能もあり、より出会いの可能性を高めるためには本人確認も必要となります。
そこで、この記事では、ユーブライドの年齢認証・本人確認の手順や、必要な身分証明書について解説します。

ユーブライドが年齢認証と本人確認を行う理由

結論からいうと、ユーブライドは安全な出会いの場を提供するために年齢認証と本人確認を行っています。

まずは、ユーブライドが年齢認証と本人確認を実施している理由を解説します。

年齢認証をしなければいけない理由は?

ユーブライドが年齢認証を実施している理由は、18歳未満の利用を禁止するためです。

ユーブライドのように出会いを提供するマッチングアプリは、インターネット異性紹介事業と呼ばれます。
インターネット異性紹介事業は、公的身分証明書やクレジットカードを使って会員が18歳以上であると確認することが法律によって義務付けられています。

したがって、ユーブライドでは年齢認証を完了するまで、以下の機能が使えない仕様となっています。

  • 相手からのメッセージ表示
  • メッセージの送信
  • つぶやき

年齢認証をしなくとも、会員検索やマッチングは可能です。しかし、マッチングしてもメッセージのやりとりはできず、出会いにつなげられません。
ユーブライドで出会いを求めるのなら、年齢認証は必須です。

本人確認を行うのはなぜ?

ユーブライドが年齢認証とは別に本人確認を実施する理由は、悪質な会員や業者のなりすましを防ぐためです。
運営会社に身元を明かす本人確認を導入することで、信頼できる会員が集まるようになっています。
本人確認は任意のため、本人確認を行っていなくてもユーブライドの利用は可能です。

しかし、本人確認をしていないと、相手からなりすましや業者、悪質ユーザーであることを疑われるケースも少なくありません。

ユーブライドで多くの出会いを見つけるためには、本人確認も行っておくのがおすすめです。

安全に出会いを探すなら本人確認実施済みの会員を選ぼう

自分からいいねやメッセージを送る際には、なるべく本人確認実施済みの会員を選ぶことで、より安全にユーブライドで出会いを探せるでしょう。
また、ユーブライドのスタンダード会員に登録すれば、プロフィールを本人確認済みの会員にだけ公開することもできます。

本人確認済みの会員にのみプロフィールを公開している男性も少なくありませんので、出会いの機会を増やすためにも、年齢認証だけでなく本人確認も実施するようにしてください。

ユーブライドで年齢認証を行う手順

ユーブライドでの年齢認証は、以下の手順で行えます。

ユーブライドの年齢認証手順

  • 1メニューから年齢認証をタップ

    ユーブライドのアプリを開き、左上のメニューから年齢認証をタップする
  • 2年齢確認をするボタンをタップ

    年齢認証画面にある年齢確認をするボタンをタップする
  • 3写真をアップロード

    フォトライブラリ・写真を撮る・ブラウズのいずれかを選択して写真をアップロードする
  • 4送信する

    アップロードされた写真に問題がないことを確認し、送信するボタンを押す

年齢認証は、身分証明書の送信から30分以内に完了します。
完了するとプッシュ通知またはメールにてお知らせされますが、もし30分経過しても年齢認証が完了しない場合には、ユーブライドに問い合わせをしてみてください。

年齢認証に使える身分証明書

年齢認証は、以下のいずれかの身分証明書で行えます。

年齢認証に使える身分証明書

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 保険証券
  • 共済組合会員証
  • 住基カード
  • 在留カード
  • 障がい者手帳

公的身分証明書のみ受け付けているので、学生証などには対応していません。

また、身分証明書の写真には、生年月日・証明書の名称・発行者や機関名がハッキリと写っている必要があります。
画像が不明瞭だったり小さかったりすると、再提出になる可能性がありますので、証明書類全体が鮮明に写るよう撮影するのがポイントです。

ユーブライドで本人確認を行う手順

ユーブライドの本人確認は、年齢認証とは別途設定が必要となります。
本人確認は、提出された身分証明書とアプリの登録氏名を照合するものです。

しかし、ユーブライドに登録したばかりだと、氏名が設定されていませんので、まずは氏名の設定をします。

ユーブライドの氏名設定手順

  • 1メニューより設定をタップ

    ユーブライドのアプリを開き、左上のメニューより設定をタップする
  • 2基本情報設定をタップ

    設定ページの基本情報設定をタップする
  • 3氏名の変更するボタンをタップ

    氏名(ふりがな)の変更するボタンをタップする
  • 4氏名を登録

    氏名/ふりがな変更ページで氏名を登録する

氏名の設定が完了したら、次は本人確認に必要な身分証明書を提出します。身分証明書の提出方法は下記の通りです。

ユーブライドの氏名設定手順

  • 1メニューより設定をタップ

    左上のメニューより設定をタップする
  • 2証明書提出をタップ

    設定ページの証明書提出をタップする
  • 3提出するをタップ

    本人証明書の提出するをタップする
  • 4写真を登録して提出

    証明書提出フォームに氏名と身分証明書の写真を登録し、確認したら提出する

本人確認が完了するとプロフィールに証明マークが追加されます。
本人確認にかかる時間はアプリや公式サイトに明記されていませんが、1日経っても確認が終わらない場合は問い合わせをしてみるといいでしょう。

本人確認に使える身分証明書

本人確認は、以下のいずれかの身分証明書でのみ行えます。

本人確認に使える身分証明書

  • 運転免許証
  • 各種保険証
  • 日本国発行のパスポート

写真が不鮮明だったり身分証明書の一部が隠れていたりすると、再提出となってしまうケースがあるので注意してください。

ユーブライドで婚活するなら相手の独身証明や年収証明も要チェック

ユーブライドでは、年齢認証と本人確認に加え、収入証明・資格証明・学歴証明・独身証明が行えます。

ユーブライドに限った話ではありませんが、マッチングアプリでは誰もが簡単に嘘のプロフィールを登録できます。
プロフィールでは高収入での記載があったのに、実際の収入はもっと低かったと判明する……といったトラブルも少なくありません。
だからこそ、ユーブライドで婚活をするのなら、相手の証明マークをよくチェックしましょう。

認証マークの種類と提出書類

年齢認証や本人確認以外の証明も、年齢認証や本人確認と同様に、証明書による確認が完了した場合にのみプロフィールに証明マークがつく仕様です。

ユーブライドの証明マーク

証明マークは、プロフィールに偽りがないことを確認するための指標になります。
以下の表を参考に、年齢認証・本人確認以外の証明マークもチェックして、自分の条件に合った男性を見つけてください。

証明マークの数が多い男性は、信頼できるプロフィールというだけでなく、それだけ婚活に対する本気度が高いともいえます。

より真剣に婚活へ取り組んでいる男性と、安心して出会いたいのであれば、証明マークをよくチェックすることを大切にしてください。

ユーブライドの年齢認証と本人確認でよくあるQ&A

最後に、ユーブライドの年齢認証と本人確認でよくある質問について答えていきます。

年齢認証はクレジットカードでできないの?
ユーブライドでは、クレジットカードを使った年齢認証にも対応しています。
しかし、クレジットカードを使って年齢認証を行った場合、証明マークが年齢認証ではなく、クレジット認証として表示されるので要注意です。

ユーブライドが年齢認証とクレジット認証を分けている理由は、クレジットカードはほかの身分証明書に比べて年齢のごまかしを行いやすいためです。
クレジット認証では、会員が18歳以上であることは確認できても、会員の実年齢=プロフィール掲載年齢という保証はありません。

多くの男性は女性の年齢を気にするので、クレジット認証よりも年齢認証のほうが信頼性は高まります。
相手からの信頼度を高めるためにも、できるだけクレジットカード以外の身分証明書で年齢認証を行いましょう。
年齢認証で身分証明書の顔や名前は隠したらダメ?
ユーブライドの年齢認証は、身分証明書で生年月日・証明書の名称・発行者や機関名が確認できればOKです。
そのため、年齢認証で提出する身分証明書は、名前や顔写真などを隠しても問題ありません。

ただし、本人確認の場合は写真の一部が隠れていると再提出となりますので、名前や顔を隠さずに提出してください。
年齢認証と本人確認ができないのはどうして?
年齢認証や本人確認がうまくできない場合、原因としては以下のいずれかが考えられます。
  • 登録氏名や生年月日が書類と異なる
  • 写真に不備がある
  • 書類の有効期限が切れている
年齢認証や本人確認がうまくいかなかった場合、まずはユーブライドに登録した氏名・生年月日に誤りはないかを確認しましょう。

その上で、有効期限内の身分証明書を使っているにもかかわらず年齢認証や本人確認がうまくいかないのであれば、原因は写真にあります。
光が反射して写りが不明瞭になっていないかなどをよく確認し、ハッキリと情報が確認できる写真を再提出してみましょう。
  • 年齢認証するまでメッセージのやり取りはできない
  • 本人確認は任意だが本人確認をすれば信頼度がアップする
  • 年齢認証と本人確認に必要なのは公的身分証明書
  • 認証マークの数は本気度と信頼度の証
この記事を監修した人
トイアンナ

トイアンナ

慶應義塾大学卒。P&Gジャパン、LVMHグループでマーケティングを担当。独立後は主にキャリアや恋愛について執筆しつつマーケターとしても活動。書籍『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』や『確実内定』など。 ブログ「トイアンナのぐだぐだTwitter
慶應義塾大学卒。P&Gジャパン、LVMHグループでマーケティングを担当。独立後は主にキャリアや恋愛について執筆しつつマーケターとしても活動。書籍『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』や『確実内定』など。 ブログ「トイアンナのぐだぐだTwitter
この記事を
ブックマーク
TO

この記事をシェア

記事一覧

ユーブライドの記事をもっと見る
home>ユーブライド>ユーブライド基礎編>ユーブライドで年齢認証と本人確認をする手順!必要な身分証明書は?