出会いから結婚までをつなぐ
恋活・婚活情報比較メディア

キーワードからさがす

home>マッチドットコム>マッチドットコム応用編>マッチドットコムは足跡は残さないことも可能!足跡の使い方を解説

マッチドットコムは足跡は残さないことも可能!足跡の使い方を解説

  /   953views

マッチドットコムには、自分のプロフィールを閲覧した人を確認できる、足跡機能があります。

足跡機能は相手への興味を示すアプローチ手段としても活用できる反面で、足跡が残ってしまうことをわずらわしく感じるケースもあります。

この記事ではマッチドットコムで足跡を残さない方法など、足跡機能の使い方を解説します。

マッチドットコムの足跡機能とは?

マッチドットコムでは、他の会員のプロフィールを閲覧すると足跡が残ります。

自分のプロフィールを閲覧した会員を知りたいときには、プロフィール画面の「足あと」から足跡の一覧が確認可能です。

マッチドットコムの足跡画面

ただし、足跡を残してくれた会員の名前やプロフィールを確認するには有料会員登録が必要です。

無料会員の場合は、足跡を残してくれた会員の人数しか確認できない点に注意しましょう。

マッチドットコムで自分の足跡を残さない方法

足跡を残すことで、相手に興味があることを遠回しにアピールすることも可能です。

しかし、プロフィールを閲覧した結果、自分の好みではないと感じた相手にも足跡が残ってしまうため、わずらわしさを感じるケースもあるでしょう。

足跡を残したくないときには、以下のいずれかで足跡を残さないようにできます。

  • アンダーカバーを使う
  • プライベートモードを使う
  • 相手をブロックする
  • 非公開設定にする

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

アンダーカバーを使う

マッチドットコムには、24時間足跡を残さない設定にできる、アンダーカバーという有料オプション機能が存在します。

アンダーカバーは1回切りのオプション機能なので、利用後24時間経過すると、通常通り足跡が残るようになります。

また、1回221円と1回利用するごとに追加料金がかかってしまいますが、どうしても一時的に足跡を残したくない場合には、利用を検討してみてもいいでしょう。

プライベートモードを使う

マッチドットコムの有料オプションであるプライベートモードを利用することで、プライベートモード中はずっと足跡を残さない設定にできます。

マッチドットコムの足跡が残らないプライベートモード設定

ただし、プライベートモードの利用するためには、有料会員登録とは別に、以下の月額オプション料金を支払わなければなりません。

  • 1か月コース:2,800円
  • 3か月コース:6,150円(1か月あたり2,050円)
  • 6か月コース:8,802円(1か月あたり1,467円)
  • 12か月コース:15,504円(1か月あたり1,292円)
※すべて税込み表記

プライベートモードでは、足跡が残らないだけでなく、自分がいいねやメッセージを送った相手以外には、プロフィールが公開されなくなります。

足跡を残さない以外にも、知り合いに身バレせずにマッチドットコムを使いたい人などにはおすすめな機能です。

マッチドットコムのプライベートモードの料金や使い方については、下記の記事で詳しく紹介しています。

プライベートモードの料金や使い方についてはこちら

マッチドットコムのプライベートモードとは?賢い使い方や料金を解説

相手をブロックする

有料オプションを使わずに足跡を残さない設定にしたい場合には、相手をブロックするという手段もあります。

マッチドットコムで足跡が消えるブロック設定

ブロックすると、相手の履歴からあなたの足跡は消えます。

ただし、ブロックでは足跡が残らないだけでなく、お互いにプロフィールの閲覧やいいねやメッセージの送受信ができなくなる点に気をつけてください。

今後関わる予定のない相手に、どうしても足跡を見られたくないといった場合にはブロックも1つの手段といえます。

マッチドットコムのブロック設定方法や活用方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。

ブロックの設定方法や活用方法についてはこちら

マッチドットコムのブロック設定活用法!非表示との違いも解説

非公開設定にする

プロフィールを非公開設定にすると、相手が足跡であなたを見つけても、あなたのプロフィールは相手から見えない設定になります。

マッチドットコムで足跡が追跡できなくなる非公開設定

足跡自体を残さない設定ではないものの、足跡から追跡されてプロフィールを見られるのが嫌という人には、使う価値のある機能です。

しかし、非公開設定では特定の相手だけでなく、すべてのユーザーからあなたのプロフィールが見えなくなり、検索結果にも表示されなくなる点は注意です。

マッチドットコムで相手を非公開にする設定方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。

非公開設定についてはこちら

マッチドットコムのプロフィールを非公開にしてもいい?非公開設定を徹底解説

マッチドットコムではマッチング後も足跡は残る?

マッチドットコムは、一度いいねやメッセージのやりとりを行った相手でも、プロフィールを閲覧すれば足跡が残ります。

メッセージのやりとり中には相手の情報を確認することも多いため、お互いに足跡が頻繁に残っていても、さほど気にならないでしょう。

あまりにも頻繁に足跡が残っていると、ログイン状況を監視されているのではないかと感じられてしまうケースもあるため、足跡のつけすぎには注意してください。

マッチドットコムでのログイン表示の見方や活用方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。

ログイン表示見方や活用方法についてはこちら

マッチドットコムのオンライン表示・ログイン表示とは?活用法を解説

マッチドットコムで何度も足跡を残す人の心理を解説

マッチドットコムを利用していると、メッセージのやりとりなどをしていないのに、何度も足跡を残してくる人に遭遇することがあるはずです。

何度も足跡を残す人の心理としては、以下のようなものが考えられます。

  • 必死に自分をアピールしている
  • やりとりを諦めきれない
  • 特に何も意識していない

具体的に、どういった心理なのかを解説していきます。

必死に自分をアピールしている

自分から声をかけられないという人が、自分をアピールする手段として足跡を何度も残すケースがあります。

相手がアピール目的で足跡をつけている場合、あなたからアクションを起こさない限り、ずっと足跡を残し続けてくることもあります。

あなたからアクションを起こす気も起きず、わずらわしく感じるときはブロックをしてしまってもいいでしょう。

やりとりを諦めきれない

何度かやりとりをした後、あなたからメッセージの返信を途絶えさせているケースでは、相手がやりとりを諦めきれていない可能性が高いです。

相手はあなたのプロフィールを閲覧し、あなたのログイン状況などを確認していると考えられます。

もし、お断りのメッセージなどを送らずにフェードアウトしている場合には、キッパリとお断りのメッセージを送るのが誠実です。

お断りをしても執拗に足跡を残してくる場合、さらにこじれるとつきまといや嫌がらせに発展することもあるので、思い切ってブロックするのががおすすめです。

特に何も意識していない

足跡を何度も残してくる人の中には、特に何も意識をしておらず、たまたま何度も足跡を残してしまっているだけといったケースもあります。

相手の条件検索結果やデイリーマッチなどにあなたが何度も表示されており、相手が気づかずにプロフィールを開いてしまっているなどのパターンです。

何度も足跡を残す行為には特に意味がないことがよくあるので、気にしすぎないのが一番でしょう。

マッチドットコムでは足跡を残さないこともできる!

マッチドットコムでは、プロフィール閲覧時に足跡が残る仕組みとなっています。

アンダーカバーやプライベートモードといった有料オプション機能を使えば、足跡を残さない設定が可能です。

また、ブロックやプロフィールの非公開を上手く使えば、無料でも足跡を残さない状態できます。

マッチドットコムのユーザーの中には、アピール目的やあなたへの未練から、何度も足跡を残してくる人がいます。

しかし、何も考えずに足跡を何度も残してしまっているユーザーも少なくないので、足跡が何度もついていたからといって、気にしすぎないようにするのも大切です。

足跡機能を上手く使いこなして、マッチドットコムでの婚活をより充実させましょう。

この記事を監修した人
トイアンナ

トイアンナ

慶應義塾大学卒。P&Gジャパン、LVMHグループでマーケティングを担当。独立後は主にキャリアや恋愛について執筆しつつマーケターとしても活動。書籍『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』や『確実内定』など。 ブログ「トイアンナのぐだぐだTwitter
慶應義塾大学卒。P&Gジャパン、LVMHグループでマーケティングを担当。独立後は主にキャリアや恋愛について執筆しつつマーケターとしても活動。書籍『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』や『確実内定』など。 ブログ「トイアンナのぐだぐだTwitter
 
この記事を
ブックマーク
TO

この記事をシェア

記事一覧

マッチドットコムの記事をもっと見る
home>マッチドットコム>マッチドットコム応用編>マッチドットコムは足跡は残さないことも可能!足跡の使い方を解説