出会いから結婚までをつなぐ
恋活・婚活情報比較メディア

キーワードからさがす

home>With>with基礎編>withの本人確認や年齢確認は時間がかかる?仕組みややり方を解説!

withの本人確認や年齢確認は時間がかかる?仕組みややり方を解説!

CATEGORY

  /   88views

withに登録すると、本人確認と年齢確認が必要になります。

会員登録自体は簡単ですが、身分証明書などの登録が必要になってくると、本人確認や年齢確認を躊躇してしまう気持ちが出てくることもあります。

しかし、不安になる必要はありません。結論から言うと、withの本人確認・年齢確認は安全であり、時間のかかる面倒な手順もありません。

この記事では、withではなぜ本人確認・年齢確認が必要なのかについてと、正しいやり方について紹介していきます。

withで本人確認と年齢確認をしないとどうなる?

本人確認画面

withは無料会員登録後に、相手の検索や「いいね!」を送ってマッチングすることができます。

しかし、本人確認と年齢確認をしないと、相手とメッセージのやりとりをすることはできません。

つまりwithで本格的に出会い探しをするためには、本人確認・年齢確認は必須条件になっているのです。

なぜ、withで本人確認や年齢確認が必要なのかについて調べてみました。

本人確認をする理由は?

withで本人確認が必要な大きな理由のひとつは、会員の安全性確保と安心に利用できる環境整備のためです。

withのような安全性の高いマッチングアプリでは、サクラや業者などを防ぐためになりすまし対策として本人確認をしています。

  • 身分証の人物と同一人物であること
  • 実在する人物であること

この2つを確認するために、公的身分証を必要とした本人確認が必須になっているのです。

年齢確認をする理由は?

withでは本人確認時に、年齢確認も同時に行っています。

withのようなマッチングアプリは、インターネット異性紹介事業として、2008年に改正された「改正出会い系サイト規制法」によって、会員の年齢確認が義務づけられています。

この「改正出会い系サイト規制法」では、児童買春などの犯罪を防ぐために18歳未満が利用することを法律で禁止しています。

18歳未満の会員登録を防ぐために、法律によって年齢確認が義務付けられているのです。

本人確認は安全?

withの本人確認は安全です。

公的身分証明書などの個人情報を開示するので、不安に感じる人もいますが安心してください。送った個人情報は必ず本人確認・年齢確認のためだけに利用されます。

他の目的に使われることはありませんので、心配する必要はありません。反対に、本人確認をしないような出会い系サイトを利用するのは、非常に危険なのでやめておきましょう。

withで本人確認をする手順を紹介

withの本人確認の方法は、男女で手順が異なります。

男性会員は「マイページ」⇒「会員ステータス」⇒「有料プラン一覧へ」⇒「本人確認する」⇒提出する書類を選択します。

女性会員は「マイページ」⇒「会員ステータス」⇒「本人確認をする」⇒提出する書類を選択します。

以下で実際の画像を見ながら説明していきます。

本人確認操作手順

  • 1マイページ画面

    マイページ画面の「会員ステータス」を開きます。男性会員の場合は、ここで有料プランの選択画面がありますのでプランを選択してください。
  • 2会員ステータス画面

    会員ステータス画面の「本人確認する」をタップし、提出する書類を選択してください。
  • 3本人確認書類提出画面

    提出書類ごとの提出基準について説明がでてくるので、指示通りに撮影し画像を送信すると提出が完了します。

withの本人確認には以下の公的な身分証明書のうち、いずれかを用意する必要があります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 住民基本台帳カード
  • 障害者手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住証明書
  • 自衛官診療証
  • 年金手帳

上記の書類をスマホカメラで撮影し画像を送ります。

ぼやけたり途切れたり、不鮮明なところが少しでもあると否認されてしまうので注意しましょう。

学生証では年齢確認をすることはできません。また、書類自体の有効期限が切れている場合も否認されます。

withの本人確認は1件ずつ、目視によってチェックされています。

提出から1時間以内に審査が終わるようですが、新規登録者が多い時などは、審査に時間がかかることもあります。

24時間以上かかる場合は、withカスタマーサポートへのに問い合わせを推奨しています。

withで年齢確認をする手順を紹介

withでは、上記で解説した本人確認書類を提出すれば、年齢確認も同時に行われます。そのため年齢確認を別で行う必要はありません。

ただし、登録している年齢と提出した身分証明書が異なる場合は「年齢が異なります」と表示され本人確認と年齢確認がとれません。

この場合はwithのスマホアプリから修正が可能です。上記の本人確認と同じ手順で登録しなおします。

男性会員は「マイページ」⇒「会員ステータス」⇒「有料プラン一覧へ」⇒「本人確認する」⇒提出する書類を選択します。

女性会員は「マイページ」⇒「会員ステータス」⇒「本人確認をする」⇒提出する書類を選択します。

提出した画像と、登録中の生年月日が表示されるので、修正がある場合は修正しましょう。

本人確認・年齢確認をしてwithで安心安全な出会いを

withは、本人確認でなりすまし対策がされ、年齢確認の必要な警察にインターネット異性紹介事業の届け出をしている安全なマッチングアプリです。

ネットでの出会いに不安がある人も、withなら合コンや街コンよりも安心安全な出会いを手にいれることができます。

withを上手に使って安心・安全に運命の相手をみつけてみてください。

この記事を監修した人
イシガミ ユキ

TOWOO編集長

イシガミ ユキ
(25)

今までに扱ってきたマッチングアプリの数は60種類以上。多くの男性とデートしてきた経験をもつ。これまでの知見を活かし、ガチで出会えるアプリを紹介。
今までに扱ってきたマッチングアプリの数は60種類以上。多くの男性とデートしてきた経験をもつ。これまでの知見を活かし、ガチで出会えるアプリを紹介。
この記事を
ブックマーク
TO

この記事をシェア

記事一覧

withの記事をもっと見る
home>With>with基礎編>withの本人確認や年齢確認は時間がかかる?仕組みややり方を解説!