出会いから結婚までをつなぐ
恋活・婚活情報比較メディア

キーワードからさがす

home>タップル誕生>タップル基礎編>タップルのブロックと非表示の違いは?うまく使って効率化する方法

タップルのブロックと非表示の違いは?うまく使って効率化する方法

CATEGORY

  /   411views

タップルではたくさんの出会いがあるため、管理が難しくなることがあります。そんなときにトラブル防止として使いたいのが「ブロック」もしくは「非表示」という機能です。今回の記事では、この2つの機能について詳しく解説していきます。

タップルのブロックと非表示の違い

ブロックと非表示はどちらも機能の一部を制限するものです。似た機能ではありますが、明確な違いがあります。まずはそれぞれの違いを知り、状況に合わせて使えるようにしましょう。

ブロックとは?

タップルではマッチングした相手やその相手からきたメッセージを、「やりとり」という項目で確認することができます。しかしブロックをすると、自分だけでなく相手の「やりとり」にも表示されなくなり、相手からのメッセージも届かなくなります。「おでかけ」にも表示されず、プロフィール詳細の確認もできなくなるため、実質コミュニケーションを取る手段はなくなるのです。

そのため、相手からの接触を断ちたいときにブロックは有効です。ブロックをしても相手に通知されることはなく、自分のアカウントは「退会済み」と表示されます。

タップルでブロックされるとできなくなることについて、下記の記事で詳しく紹介しています。

ブロックされるとできなくなることについてはこちら

タップルでブロックしたらバレる?非表示との違いとブロック方法

非表示とは?

非表示にした場合は、自分の「やりとり」に表示されなくなります。しかし自分が見られなくなるだけで、相手の「やりとり」には表示されつづけます。そのため、非表示にしたことを相手に気付かれることはまずありません。

相手からのメッセージが届くか、自分で非表示を解除すれば再び表示されるようになります。

タップルを続けていくと、マッチングしたものの「もう連絡を取らないだろうな」という相手も中には出てきます。かといってブロックするほどの人でもない、といったときにこの非表示機能を使えばメッセージ一覧を整理することができて便利です。

最大の違いは「メッセージが届くかどうか」

ブロックと非表示、一番の違いは相手からのメッセージが届くかどうかです。非表示にしただけでは相手からのメッセージは引き続き受信します。あくまで自分のメッセージ一覧で一時的に見えないようにするだけなので、もうやりとりをしたくない相手に対しては非表示だけでは不十分です。

対して、ブロックなら相手からのメッセージは一切届かなくなりますし、自分のプロフィール詳細の表示もなくなります。自分がアプリ内にいることもわからなくなりますので、こちらから関係を切りたいときに有効です。不愉快な思いをしたときや、ストーカー防止などに役立つ機能といえます。

タップルでブロックする方法・解除する方法

タップルでブロックする方法

  • 1ブロックしたい相手を表示

    ブロックしたい相手を表示 「やりとり」を開き、ブロックしたい相手を表示。右上の「…」というマークをタップします。
  • 2「ブロックする」をタップ

    「ブロックする」をタップ ポップアップで出てくる「ブロックする」をタップします。
  • 3「ブロックする」をタップ

    「ブロックする」をタップ 確認画面が表示されるため「ブロックする」をタップします。
  • 4運営に報告

    運営に報告 相手を運営に報告したい場合は「通報する」をタップ、そうでない場合は「キャンセル」を押します。

アプリの場合、一度ブロックした相手の解除はできません。ブロック解除をしたい場合には、アプリではなくブラウザからタップルにログインする必要があります。ブラウザ上でマイページを開き、設定ボタンを押すと「ブロックリスト」を見ることができます。そこで解除したい相手を選び「解除」ボタンをタップすれば解除完了です。

タップルで非表示にする方法・解除する方法

非表示にする方法は、ブロックにする方法と途中まで同じです。

タップルで非表示

相手のプロフィールを開き「…」をタップし、「非表示」を選べば非表示にできます。

非表示にしても相手に通知がいくことはありません。本当にやりとりしたい相手のメッセージがその他大勢に埋もれてしまうときに便利な機能です。

非表示の解除はアプリからでもできます。マイページ画面から左上の歯車マークを押して設定を開き、「履歴」の中から「非表示」を選びます。すると非表示にした相手が一覧になっており、右側に「再表示」というボタンがあるのでそれをタップすれば再び表示されるようになります。

タップルで相手にブロックされているか見分ける方法は?

ブロックは通知されることがないため、自分がブロックされたときにも気づくことができません。そのため、ブロックされているかどうかはさまざまなヒントから“察する”ほかありません。

まず大きな変化としては、メッセージが来なくなります。相手側には自分が送ったメッセージも表示されないため、返事が来ることはありません。

他には、「フィード」に表示されなくなります。これは「やりとり」の中で見られるもので、相手が「ひとこと」を更新したり写真を追加したりしたときにアップデートされるものです。ブロックされている場合は相手が何かを更新したときもフィードに表示されることがなくなります。

タップルで相手に非表示にされているか見分ける方法は?

同じように、非表示も通知されることがないため見分けるのは難しいです。

ひとつの方法としては、フィードをこまめにチェックしてみる、というものがあります。フィードを見ていて相手に動きがあったにも かかわらず、メッセージが返ってこない場合には非表示にされている可能性が高いです。

自分からメッセージを送れば再度相手に表示されますが、一度非表示にしたということは興味が薄いことの現れですので、メッセージが返ってくる可能性は低いといえます。

タップルのブロックと非表示を上手に使い分けよう

このように、非表示あるいはブロックを使えばマッチングした相手とのやりとりの整理が可能です。

マッチングしたとしても、話が合わないなどの理由から「もうメッセージを送ることはないな」ということは珍しいものではありません。本当にコミュニケーションしたい相手からのメッセージを見逃さないためにも、ぜひ活用したい機能といえます。

この記事を監修した人
メリー

メリー

今までマッチングアプリで40人以上と会った、アラサーの恋愛コラムライター。新しいマッチングアプリが出たらすぐに登録している。好きなものは猫と生ビール。
今までマッチングアプリで40人以上と会った、アラサーの恋愛コラムライター。新しいマッチングアプリが出たらすぐに登録している。好きなものは猫と生ビール。
この記事を
ブックマーク
TO

この記事をシェア

記事一覧

タップルの記事をもっと見る
home>タップル誕生>タップル基礎編>タップルのブロックと非表示の違いは?うまく使って効率化する方法